前のページに戻る
旅行業者の方へ
吉野梅郷の梅について

青梅市では、平成21年4月、国内で初めてウメやモモなどに感染するウィルス病(プラムポックスウィルス=PPV)が確認されました。
このウィルス病は、アブラムシが媒介するもので葉に退緑班や輪紋が生じるほか、果実の表面に斑紋があらわれ、商品価値が損なわれたり、 成熟前に落果することがあります。
また、このウィルスは、植物に感染するものであり、人間や動物に感染することはなく、また感染している梅の果実を食べても健康に影響 はございません。
青梅市全域では、平成24年末までに約半数がこのウィルスが原因で伐採処分されています。
なかでも実梅の生産のみならず観光面でも被害が甚大なのが観梅の名所・吉野梅郷であり、 すでに2万本を超える梅樹が伐採処分されています。
また、梅樹を他の地域から市内に持ち込み再植栽することはウィルスの問題もあり現時点では困難であるとともに、 梅樹を市外に持ち出すこともできないこととされています。
このような状況の中、ウィルスの防除と梅の里の早期回復のため、平成26年5月に梅の公園内の全ての梅樹を伐採いたしました。

吉野梅郷の梅について 梅樹伐採後の梅の公園
梅の再生に向けて
植栽の様子

現在、梅の里吉野梅郷をふたたび梅の名所として甦らせようと青梅市をはじめ生産農家の方や地元観光事業者等が一丸となって 「梅の里再生計画」を策定し、再生、復興に全力をあげて取り組み始めております。
その取り組みの一つとして、吉野梅郷地域や梅の公園内に、菜の花や福寿草、日本スイセンなどを植栽し、 様々な花が楽しめるように整備しております。
特に梅の公園内には5,200m² に菜の花が植えてあり、また日本スイセンや福寿草、ミツバツツジなども植栽されており、 春には一面の花の園へとなり、皆様をお迎えいたします。

写真の提供できます

ツアーパンフレットの作成等にお使いいただけるように、高画質の写真データを無料提供しています。 電話やメールでお気軽にお問い合わせください。

梅の公園の見学時間について

梅の公園は高低差があり、見る場所それぞれに違った景色を楽しむことができます。ですので入口付近だけではなく、ぜひ園内を1周していただければ幸いです。

園内1周 バスまで往復 合    計
通常(おすすめ) 60分 20分 1時間20分
てきぱきと 40分 20分 1時間
ゆったりと 90分 20分 1時間50分

1周にかかる時間は時期にもよります。つぼみの方が多い時期などは少なめに、見頃の時期は多めに見込んでいただくと、よろしいかと思います。

団体利用できる、お食事処・お土産物屋について

右のメニューから『お食事・お土産』をご覧ください。リスト内の備考欄に団体利用可能人数、 予算などの情報の記載がしてあります。
また、印刷される場合は、下記PDFファイルをご利用ください。

印刷用PDFファイル    お食事処・お土産物屋(PDF版 612KB)
バス専用駐車場について

吉野梅郷には、バス専用の無料駐車場がございます。(予約はできません)

吉野街道から梅の公園までの道は狭くてバスは入れませんので、道幅の広い神代橋通り(梅の公園へ徒歩5分)で停車して、お客様に降りていただくか、バス専用駐車場に駐車してください。(梅の公園へ徒歩10分)

印刷用PDFファイル    吉野梅郷案内図(PDF版 612KB)
ご不明などは、下記の問合せ先まで、お問い合わせください。
ページ先頭へ
もくじ
吉野梅郷花まつり
青梅市公園
開花情報
お食事・お土産
周辺の見どころ
交通アクセス
旅行業者の方へ
青梅市観光協会へ

●青梅市梅の公園の開花状況は、青梅市商工観光課でもご案内しています。
TEL 0428(24)2110

一般社団法人青梅市観光協会事務局
〒198-0042 東京都青梅市東青梅1-2-5 東青梅センタービル3F
TEL 0428(24)2481 E-Mail  ome-2481@omekanko.gr.jp 土日はお休み
土日のお問い合わせは、青梅観光案内所へ(9:30~17:00)0428-20-0011