旬なイベント情報

青梅宿エリア

関東でも屈指の規模を誇るお祭り

青梅大祭

開催期間2019年5月2日(木)~2019年5月3日(金)

関東でも屈指の規模を誇るお祭り

毎年5月2日、3日に行なわれる青梅大祭は、JR青梅線青梅駅周辺の12町(本町・住江町・西分町・勝沼町・仲町・滝ノ上町・天ヶ瀬町・大柳町・上町・森下町・裏宿町・日向和田)が集まって行う関東でも屈指の規模を誇るお祭りです。 街道を埋めつくす多数の露店、山車がすれ違うときに行われる「競り合い」、青梅ならではの威勢のいいケンカ囃子は、青梅大祭特有の盛り上がりを見せ、町内はお祭り一色になります。

今年の青梅大祭は、5月1日新天皇陛下が即位なされる事をお祝いする記念大祭として、記念事業が行われます。 ・矢車に新天皇陛下即位を祝う「萬歳幕」を掲げます ・記念式典 5月3日 16:00~16:45 青梅駅前ロータリー内       12町の山車がロータリーに集合します。 ・提灯行列 18:30~西分1丁目交差点あたりを先頭に出発します。 ・花火の打上 19:15頃~ 永山公園にて約10分間打上ます。

Information

開催期間
2019年5月2日(木)~2019年5月3日(金)
会場
JR青梅駅前 旧青梅街道など
住所
青梅市本町192
お問い合わせ先
0428-20-0011 9-17 月曜定休
公共交通機関によるアクセス
JR青梅駅 下車すぐ
ホームページ
http://ometaisai.g2.xrea.com/
駐車場

◎3日有料 駐車場 千円

天ケ瀬運動広場 100台 雨天使用禁止

青梅第四小学校 100台 雨天使用禁止

 

◎コインパーキング

市役所仮設駐車場 300台

他東青梅、釜の淵公園等

 

今年は永山公園グランドには駐車できません

 

 

詳細内容

5月2日(木)
各町内の山車が巡行。(巡行時間は町により異なります。)
12時から22時まで勝沼交差点~青梅市民会館前(文化交流センター前)交差点間で交通規制となります

5月3日(金祝)
9時から21時頃まで、すべての町内を山車が巡行します。また、山車が次々にすれ違う競演も行われます。JR青梅駅前の旧青梅街道を埋め尽くすように露天が出店します。

9時から19時半まで勝沼信号~日向和田3丁目信号間

9時から22時半まで勝沼信号~青梅市民会館前(文化交流センター前)交差点間で

交通規制となります

 

 

青梅大祭の歴史と見所
青梅宿『青梅村』に位置する住吉神社の氏子である五町(現在山車人形を所有する住江町・本町・仲町・上町・森下町)で山車を曳いたのが青梅大祭の始まりです。祭礼は4月27、28日に行われていましたが、現在は5月2、3日になっています。

山車人形は江戸末期に青梅の産業であった青梅縞などで活況を呈していた商人たちが買い求めたといわれています。山車人形は江戸の人形師たちが腕を振るった傑作ぞろいで、明治の終わりまでは山車の上に高く飾られて巡行し、豪華絢爛を謳われたものです。その後、電線が張られるようになると山車は現在の屋台の形での巡行になり、人形は町内に飾られるようになりました。戦後になり、滝ノ上町・大柳町・天ヶ瀬町・裏宿町そして西分町・勝沼町・日向和田も加わり、現在の12台の巡行となっています。

青梅大祭の見所は、華やかな衣裳で山車を先導する拍子木と手古舞、粋ないでたちで唱ずる町内衆の木遣り、山車が行き交うときの競り合い(ひっかわせとも言う)は祭りのもうひとつの見所、それは青梅ならではのケンカ囃子と呼ばれている威勢のいい囃子、また街道を埋め尽くす露店(露天)の数々。

古式床しい伝統行事を守りつつ青梅大祭は今後も挙行されてまいります。なお、5町の人形とその衣裳等は《青梅市指定有形民俗文化財》に指定されています。

戻る

キーワードから選ぶ

人気のイベントランキング

よく見られているイベント

PR

青梅宿エリアのおすすめスポット

一覧をみる