旬なイベント情報

御岳渓谷エリア

国登録有形文化財

秋季館蔵展(河鹿園) 

開催期間2020年9月5日(土)~2020年10月25日(日)

国登録有形文化財

国登録有形文化財に登録さてた旅館建物室礼美術館 河鹿園

九月五日(土)より十月二十五日(日)まで。
開館 十一時、入館十五時、閉館十六時
休館日:月曜日・火曜日
    ※9/21(月)、22(火)は開館。23(水)休館。
入館料:六百円(学生三百円)、一日ごゆっくり券(飲物つき)千円

 

Information

開催期間
2020年9月5日(土)~2020年10月25日(日)
会場
旅館建物室礼美術館 河鹿園
住所
東京都青梅市御岳本町335
主催
河鹿園
お問い合わせ先
0428-78-8218
公共交通機関によるアクセス

JR青梅線御嶽駅下車徒歩1

駐車場

あり(無料)

詳細内容

■山魚楼
『紅葉の間』(二階)
円山応挙を巡って一番弟子の長沢蘆雪と、四条円山派を一緒に興した松村呉春との組合せ。
応挙は、師の蕪村に死なれ弟子入りを希望した呉春を同僚として迎えた人格者。江戸後期の応挙的存在であった谷文晁の屏風も置き、鴛鴦の「屏風押え」は楽焼青柚九代了入の草印あり。文晁は幕府のお抱え絵師。丹波焼の山椒壺は将軍献上品。丹波は実山椒の名産地。「朝倉山椒」と銘あり。
『月の間』(一階)
抱一と中川一政の組合せ。
■渓梅庵
『百合の間』(二階)
中国趣味横溢の池大雅と青木木米の室礼。大雅臨本の巻子は西遊記の世界。木米は絵師にして陶工。
『藤』・『桔梗』・『椿』の間(一階)
松尾芭蕉と江戸中期に芭蕉復古運動に奔走した与謝蕪村による俳諧の秋の室礼。
■沈流亭
明治の画家の世界。
菱田春草、速水御舟、川端玉章そして柴田是真。岡倉天心が春草の監督なら、玉章は春草のコーチ的存在にて一緒に展示。
■射山荘
江戸期の鳥獣絵画作品。
光悦、淇園、蘆雪、其一、崋山。光悦の蘆雁図は、宗達の出現により絵筆を折った光悦の珍品。さるお客様の受売りです。
■大広間
床の間に抱一の「お福図」三幅対。両袖には、古土佐による「西行記」の巻子の複製と、鉄斎の十宮画冊を久し振りに展示。

戻る

人気のイベントランキング

よく見られているイベント

PR

御岳渓谷エリアのおすすめスポット

一覧をみる