旬なイベント情報

青梅宿エリア

館蔵企画展

没後30年ー藤本能道展

開催期間2022年11月19日(土)~2023年1月15日(日)

館蔵企画展

青梅市に窯を構えた陶芸家・藤本能道(ふじもと・よしみち)の没後30年を記念した展覧会。

青梅市立美術館に所蔵されている約90点の作品について、ここ数年間、調査を集中的に行ってきました。
本展ではこうした活動を踏まえ、これまで展示する機会が少なかった未完成作品も展示します。

青梅の雄大な自然を背景にした、藤本の創作の軌跡を、人間国宝に指定される契機となった、色絵磁器の技法の解説と合わせてお楽しみください。

■会館時間
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

■休館日
月曜日(1月9日(月)は祝日のため開館。1月10日(火)は休館)
年末年始:12月29日(木曜日)~1月3日(火曜日)は休館

■観覧料
人200円(160円)、小・中学生50円(40円)※カッコ内は20名以上の団体割引料金。

Information

開催期間
2022年11月19日(土)~2023年1月15日(日)
会場
青梅市立美術館
住所
東京都青梅市滝ノ上町1346-1
主催
青梅市立美術館
お問い合わせ先
0428-24-1195  9:00~17:00
ホームページ
https://www.city.ome.tokyo.jp/site/art-museum/60152.html

詳細内容

藤本 能道(ふじもと・よしみち)

1919年 現在の東京都新宿区大久保に誕生。
1941年 東京美術学校(現・東京藝術大学美術学部)工芸科図案部を卒業。
1942年 色絵磁器の加藤土師萌に師事。本格的に陶芸の道に進む。
1944年 色絵磁器の大家・富本憲吉に師事し、磁器の染付、上絵付けなどを学ぶ。
1947年 富本を中心に結成された新匠美術工芸会の創立に参加。
1956年 京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)専任講師に就任。モダンアート協会や走泥社へオブジェ作品を出品。
1962年 東京藝術大学助教授に就任。以降、同大教授、学長を歴任。
1973年 青梅市梅郷に築窯。色絵磁器の研究と制作に専念。
1986年 白磁を作る段階で着彩(釉描)した素地に色絵(加彩)を施す「釉描加彩」の開発により、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。
1992年 死去。

青梅宿エリア

歴史・文化施設

青梅市立美術館

  • カフェ
  • 美術館
営業時間
9:00 - 17:00
定休日
月曜日(祝日の場合は翌平日)
住所
東京都青梅市滝ノ上町1346
電話番号
0428-24-1195

戻る

人気のイベントランキング

よく見られているイベント

PR

青梅宿エリアのおすすめスポット

一覧をみる