ホーム  イベント情報

メールマガジン登録

青梅市観光協会より、無料で四季折々の情報やイベントなど、青梅を満喫できる旬の案内を電子メールでお知らせしています。

イベント情報
青梅のイベント情報を紹介しています

御岳渓谷で気軽に「水辺のアクティビティ」
(釣り、カヌー、ラフティング、ハイキング、ボルダリング)

御岳渓谷で気軽に「水辺のアクティビティ」
(釣り、カヌー、ラフティング、ハイキング、ボルダリング)
御岳渓谷は環境省から日本名水百選に指定された秩父多摩甲斐国立公園でも特に美しい渓谷です。
春から夏のシーズンは、釣りやハイキング、ウォータースポーツを楽しみに多くの人が集まります。
また、芸術を好まれる方には、有名な美術館や記念館も多く立地しており、遊歩道を散策しながの立ち寄りも楽しめます。
遊歩道の散策につかれたら、休憩には青梅市御岳交流センターもご利用いただけます。
詳細な内容については、次の各事業者に問い合わせください。

(渓谷沿いの主な施設と事業者)

①  奥多摩フィッシングセンター
http://www.okutama-fc.co.jp/oktmfc.html

御岳駅からほど近い場所にある多摩川屈指の管理釣り場。釣場、河原も広くお子様の川遊び、バーベキューにも最適です。魚の種類はニジマス(季節によりヤマメ、イワナをサービス放流) 一般個人専用、ルアー・フライ専用、団体用の3つの釣場に分かれています。
問い合わせ 0428-78-8393

② 水辺のアクティビティの事業者

種目 事業者(ホームページ) 電話番号
カヤック等 グラビティ 0428-76-0981
リバーボートクラブ
https://riverboardclub.com/
080-6064-6638
ラフティング等 みたけレースラフティングクラブ
https://mitakerc.net/
0428-74-9453
多摩川ラフティングwinds 0428-85-9210
フォレスト&ウォーター奥多摩
http://www.fw-jp.com/okutama/
0428-74-9470
コンセプト 0428-79-7227
ビッグウェーブ青梅店
http://www.bigwave-okutama.com/
0428-74-9100
クルーソー(CLASS5)
https://crusoe-raft.com/
0428-74-9386
奥多摩ラフティング 0428-74-9007
ビックスマイル 0771-29-5370

③ 御岳渓谷遊歩道沿いのミュージアム

美術館名(ホームページ) 主な展示の内容 電話番号
櫛かんざし美術館
http://kushikanzashi.jp/
江戸~昭和時代の櫛とかんざし 0428-77-7051
玉堂美術館
http://www.gyokudo.jp/
近代日本画の巨匠・川合玉堂の作品 0428-78-8335
たましん御岳美術館
https://www.tamashin.or.jp/mitake/
明治洋画界の浅井忠など近代美術 0428-78-8814

④  サイクリング(サイクルハーバー 青梅)
http://cycleharbor.club/service.php

自然に癒され、歴史を訪ね、寄り道しながらゆるゆると・・・サイクリングも楽しめます。ポタリングからロングライドまで武蔵多摩の道をお楽しみください。

⑤ 青梅市御岳交流センター

御岳エリアの観光情報を発信するとともに気軽に休憩できます。
交流室や多目的室等も貸し出しており、スポーツ・レクリエーションやイベントに展示などでご利用いただけます。また、カヌー100艇収容の艇庫やシャワーも完備しています。 問い合わせ 0428-79-0720

「バードコールを作ろう」参加者募集

「バードコールを作ろう」参加者募集
プチガイドで、小鳥の鳴き声を聞いて
とりトークで、小鳥のさえずる意味を知って
最後は、オリジナルの「バードコール」作りにチャレンジ!
主 催: 東京都御岳ビジターセンター
実施日: 5月5日(土)
①10時~11時半
②14時~15時半
5月13日(日)
①10時~11時半
②14時~15時半
※両日共に、1日2回開催
参加対象: どなたでも(小学生以下は保護者同伴)
募集人数: 各回15名(先着順)
参加費: 1人1,000円(材料費、講師料、保険料)
申込方法: 先着順
各回開始前までに御岳ビジターセンター窓口で受付。
お問い合わせ: 御岳ビジターセンター
TEL 0428-78-9363
FAX 0428-78-9445
〒198-0175 東京都青梅市御岳山38-5
開館時間:9:00~16:30 月曜日休館 (但し祝日の場合はその翌日)

武蔵御嶽神社 日の出祭

武蔵御嶽神社 日の出祭
毎年、5月7、8日に行われる日の出祭は、武蔵御嶽神社の春の例大祭でもっとも大切な祭りといわれています。神社所有の徳川綱吉公奉納の御輿が行列用に特別に複製され、ケーブルカー山頂駅から集落を通り、300の石段を登り神社まで進みます。その前後を鎧武者が警護し、勇壮で優雅な行列になります。

5月7日 宵宮 
午後8時00分 祭典 本社
午後8時30分 神幸
夕闇の中、御霊代を奉戴し、御旅所まで神幸の行列が粛々と下ります。

5月8日 本祭 
午前10時 行列出発 御岳平
御岳平(ケーブルカー御岳山駅前広場)から、神輿を中心に神職・白丁・鎧武者・稚児の行列が、華やかかつ厳かに進みます。

http://musashimitakejinja.jp/matsuri/hinodesai/

お問合せ 武蔵御嶽神社 電話0428-78-8500
交通案内 御岳登山鉄道 電話0428-78-8121

JR東日本 駅からハイキング

JR東日本 駅からハイキング
新緑につつまれて多摩川の自然と青梅宿の文化にふれるハイキング
開催期間: 2018年5月11日(金)~6月3日(日)
受付時間: 9:00~11:00
スタート駅: 青梅線河辺駅
河辺の南を流れる多摩川と「調布の郷コース」はノスタルジックな街並みや歴史的な名所などがあり文化にふれることができるハイキングコースです。新緑の多摩川渓谷美と神社仏閣を訪れながらの青梅宿を楽しんでいただけます。
所要時間: 3時間40分
https://www.jreast.co.jp/ekihai/evdetail.aspx?EvCd=0318005

青梅大祭

青梅大祭
毎年5月2日、3日に行なわれる青梅大祭は、JR青梅線青梅駅周辺の12町(本町、住江町、西分町、勝沼町、仲町、滝ノ上町、天ヶ瀬町、大柳町、上町、森下町、裏宿町、日向和田)が集まって行う関東でも屈指の規模を誇るお祭りです。
街道を埋めつくす多数の露店、山車がすれ違うときに行われる「競り合い」、青梅ならではの威勢のいいケンカ囃子は、青梅大祭特有の盛り上がりを見せ、町内はお祭り一色になります。
日時と内容: 5月2日(水)
各町内の山車が巡行。(巡行時間は町により異なります。)
15時から22時まで住江町交差点~青梅市民会館前交差点間で交通規制となります
5月3日(木祝)
9時から19時30分頃まで、すべての町内を山車が巡行します。また、山車が次々にすれ違う競演も行われます。(別表参照)
JR青梅駅前の旧青梅街道を埋め尽くすように露天が出店します。
9時から22時まで勝沼信号〜日向和田3丁目信号間で交通規制となります
交通: JR青梅線青梅駅下車すぐ
5月3日
臨時駐車場:
1台千円  9時~20時30分
永山グラウンド       170台
市役所仮設駐車場     300台
織物協同組合駐車場    71台
第四小学校校庭      100台
天ヶ瀬運動広場      100台
釜の淵公園大柳駐車場  30台
永山公園北駐車場      20台
※旧青梅街道沿いの駐車場は、お祭りで使用されます。とても混雑しますので、公共交通機関の御利用をおすすめします。
お問合せ: 詳しい情報こちらへ
公式HP http://www.geocities.jp/ometaisai/
山車の競演解説 
午後3時40分頃~ 都バス営業所のある森下「熊野神社」西方にて、西六町(日向和田、裏宿町、森下町、滝ノ上町、天ヶ瀬町、大柳町)の山車が次々にすれ違う様子は壮観。賑やかで見飽きない競い合いの連続です。
午後5時00分頃~ 青梅駅前の交差点に本町、住江町、西分町、勝沼町の4台の山車が集結。様々な形で競い合いが行われるこの競演シーンは、青梅のお祭りきっての見どころになっています。
午後6時00分頃~ 青梅市民会館前にて、森下町、上町、仲町の山車が大柳町を下る滝ノ上町、天ヶ瀬町、大柳町を順に見送ります。その後、本町と住江町の山車がそこに合流。青梅大祭の華やかなクライマックスです。
午後6時30分頃~ 青梅駅前の交差点に本町、住江町、仲町、滝ノ上町の4台の山車が集結。様々な形で競い合いが行われるこの競演シーンは、青梅のお祭りきっての見どころになっています。
青梅大祭の歴史と見所 
 青梅宿『青梅村』に位置する住吉神社の氏子である五町(現在山車人形を所有する住江町・本町・仲町・上町・森下町)で山車を曳いたのが青梅大祭の始まりです。祭礼は4月27、28日に行われていましたが、現在は5月2、3日になっています。
 山車人形は江戸末期に青梅の産業であった青梅縞などで活況を呈していた商人たちが買い求めたといわれています。山車人形は江戸の人形師たちが腕を振るった傑作ぞろいで、明治の終わりまでは山車の上に高く飾られて巡行し、豪華絢爛を謳われたものです。その後、電線が張られるようになると山車は現在の屋台の形での巡行になり、人形は町内に飾られるようになりました。戦後になり、滝ノ上町・大柳町・天ヶ瀬町・裏宿町そして西分町・勝沼町・日向和田も加わり、現在の12台の巡行となっています。
 青梅大祭の見所は、華やかな衣裳で山車を先導する拍子木と手古舞、粋ないでたちで唱ずる町内衆の木遣り、山車が行き交うときの競り合い(ひっかわせとも言う)は祭りのもうひとつの見所、それは青梅ならではのケンカ囃子と呼ばれている威勢のいい囃子、また街道を埋め尽くす露店(露天)の数々。
 古式床しい伝統行事を守りつつ青梅大祭は今後も挙行されてまいります。なお、5町の人形とその衣裳等は《青梅市指定有形民俗文化財》に指定されています。

塩船観音つつじまつり

塩船観音つつじまつり
樹齢千年を超えた杉木立に囲まれた塩船観音寺は、つつじの寺として広く知られています。
毎年、花まつり(お釈迦様の誕生日)の4月8日から、5月上旬にかけて『つつじまつり』が行われます。
15種類約2万本のつつじが、一望に見渡せるすり鉢状の境内に早咲き・中咲き・遅咲きと順に開花します。
5月3日の大祭には、真言宗修験道の柴燈護摩が焚かれ、山伏の行列、そして、真っ赤になった火の中を真言を唱えながら、火渡りの荒行が行われ、その壮大さは見事です。

ご 本 尊 御 開 帳     5月1日(火)~5月3日(木)
               ※5月1日は午後1時~午後4時まで
               ※2日、3日は午前9:00~午後4時まで
例大祭 紫灯大護摩祭   5月3日(木)午前11時~

【交通案内】
・JR青梅線 河辺駅下車
西東京バス・都バス 塩船観音入口下車 徒歩10分
※河辺駅北口のバス乗り場から塩船観音寺行の表示がありますので、それにしたがってご乗車ください。

・お車で:圏央道・青梅今井インターより約10分
駐車場(約200台)※つつじ祭期間中は有料となります。

※また、下記の日程でホリデー快速おくたま号が、河辺駅で臨時停車いたします。
【運転日】
  4月21日(土)~6月3日(日)
土日祝の1号~6号
・塩船観音寺にお越しの際は是非ご利用ください。

所在地 青梅市塩船194 MapFan
入場料 4月中旬から5月上旬頃(花が終わるまでの期間)
1人300円
団体割引20名以上1人240円
交通 JR青梅線河辺駅北口から都営バス「塩船循環」「青梅車庫行」、西東京バスに乗車し、塩船観音入口下車 徒歩10分
都バスのホームページで時刻を調べる
西東京バスのホームページで時刻を調べる
駐車場 ・普通車700円     ・オートバイ200円
・マイクロバス1、500円
・大型バス2、000円
開花情報
お問合せ
塩船観音寺 0428-22-6677
ホームページ http://www.shiofunekannonji.or.jp/

5月 御岳山ツアー

5月 御岳山ツアー
新緑の5月、奥の院から御岳山を歩く日帰りツアーと宿泊ツアーをご用意いたしました。
日本の春を感じて下さい。
日帰りツアー 「新緑の奥の院とシロヤシオ」
日程: 5月7日(月)
集合: JR御嶽駅 9:00
コース: 奥の院・・・鍋割山・・・上高岩山
旅行代金: 5,980円(宿坊の弁当付き)
定員: 15名
ツアー概要: 新緑の5月、奥の院から御岳山をずっと見守り続けている古木のシロヤシオ。岩場で力強く。日本の春を感じる山歩きです。
宿泊ツアー(1泊2日) 「山笑う、新緑の奥の院」
日程: 5月9日(水)~10日(木)
集合: JR御嶽駅 11:00
コース: 1日目 富士峰園地・・・御岳山
2日目 奥の院・・・鍋割山・・・上高岩山・・・ロックガーデン
旅行代金: 27,000円(2日目は宿坊の弁当付き)
定員: 15名
ツアー概要: 柔らかい淡い新緑に包まれた奥の院。1日目は御岳集落内で、ゆっくり春のお花を楽しみながらムササビの食べ痕さがしも。2日目は新緑の奥の院へ。ロックガーデンではラショウモンカズラの紫色がきれいです。
主催・問い合わせ: 株式会社アルプスエンタープライズ
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3丁目10番地 神田小川町太田屋ビル3F
TEL:03-3518-0034
FAX:03-3518-0035
http://www.alps-enterprise.co.jp
e-mail: info@alps-enterprise.co.jp

営業時間:月~金/10:00~18:00 土/10:00~14:00
定休日:日曜、祝日
シロヤシロ
ラショウモンカズラ
ヒメイワカガミ

新緑の奥の院トレッキング ~バーナークッキング付き~

新緑の奥の院トレッキング ~バーナークッキング付き~
女性限定で、山登りを始めた方を対象に、安全に登山を楽しむための基本知識を習得してもらうとともに、山の楽しみ方を体験してもらうためのイベントです。この時期は、新緑がとても美しい時期で、奥の院(1077m)周辺ではツツジの仲間のシロヤシオが咲き、野鳥のさえずりも楽しめます。
野外でバーナーを使っておやつ作りの体験もありますので、山ごはんにチャレンジしたいと考えている方にもおすすめです。新緑の山歩きを一緒に楽しみませんか?
実施日: 5月12日(土)
参加対象: 18歳以上の女性
参加費: 5,500円(講師料、材料代、保険代含む)
定員: 15 名(定員を超えた場合には抽選)
持ち物: 登山できる格好(登山靴、ザック等)、お弁当、飲み物、敷物など
指導: 御岳ビジターセンター解説員
コース: 御岳山→奥の院→鍋割山→長尾平
集 合: 10:00 御岳ビジターセンター
解 散: 16:00 御岳ビジターセンター
申し込み: メール・往復ハガキ いずれかの方法で、以下を明記の上お申し込み下さい。
イベント名、参加希望者全員の氏名(ふりがな)、郵便番号、住所、年齢、性別、電話番号
締切: 4月30日(月)消印有効
宛先: ①メールの場合  イベント専用アドレス)タイトルに「新緑の奥の院トレッキング」申し込みと明記して下さい。
②往復はがきの場合
〒198-0175東京都青梅市御岳山38-5
御岳ビジターセンター「新緑の奥の院トレッキング」係
主催・問い合わせ: 東京都 御岳ビジターセンター
TEL 0428-78-9363(開館時間9:00~16:30 月曜日休館 月曜祝日の場合翌火曜休館)
FAX 0428-78-9445
〒198-0175 東京都青梅市御岳山38-5
http://mitakevc929.ec-net.jp/

御岳山の宿坊に泊まってムササビ観察

御岳山の宿坊に泊まってムササビ観察
東京の御岳山にはムササビが暮らしています。昼間はムササビの生態に関するレクチャーを受け、ムササビの棲む森をゆっくり歩きながら痕跡を探します。夜はいよいよ観察
へ・・・東京の夜空をスーッと滑空するムササビを一緒に観察しませんか?御岳山の宿坊に宿泊し、自然と文化を満喫できる2日間です。
主催: 東京都御岳ビジターセンター
南山荘、宝寿閣、山楽荘
御岳山観光協会
実施日: 5月26日(土)~5月27日(日) 1泊2日
集 合: 26日(土) 14:00 御岳ビジターセンター
解 散: 27日(日)  9:00 御岳ビジターセンター
参加対象: どなたでも(小学生以下は保護者同伴)
募集人数: 50名(応募多数の場合は抽選になります)
参加費: 大人15,500円 子ども11,000円
【宿泊費(1泊2食)、講師料、保険代等】
申込締切: 5月9日(水)消印有効
申込方法: 往復ハガキ・Eメール いずれかの方法で
行事タイトル、参加希望全員の住所、氏名、ふりがな、生年月日、年齢(学年)、電話番号をご明記の上、下記の宛先までお送り下さい。
宛先: 〒190-0022 
東京都青梅市御岳山38-5 御岳ビジターセンター
「5月ムササビ観察」係
メール: (イベント申込専用)
※メールでお申込みの方は、御岳ビジターセンター公式HPをご覧ください。
お問合わせ: 御岳ビジターセンター
TEL 0428-78-9363
FAX 0428-78-9445
〒198-0175 東京都青梅市御岳山38-5
開館時間:9:00~16:30 月曜日休館 (但し祝日の場合はその翌日)

御岳山連携ツアー「御岳山でゆっくり自然と美味しいを楽しむ」
参加者募集中です。

御岳山連携ツアー「御岳山でゆっくり自然と美味しいを楽しむ」
参加者募集中です。
青梅市観光協会では御岳山観光協会、御岳山商店会と連携して御岳山滞在型のガイドツアーを応援しています。御岳山をもっと知りたい方、楽しみたい方、どうぞご参加ください。
(ツアー概要)
1. 主催事業社名等
(株)アルプスエンタープライズ主催「 御岳山でゆっくり自然と美味しいを楽しむ」
2.基本情報(日時、料金、時間など)
Ⅰ 「御岳山 花ごよみツアー」:日帰り型
・2018年3月から11月(11ツアー、実施日26日間)
・全コース宿坊の弁当またはランチ付き・旅行代金:5,980円~7,980円、定員:15名
アカネスミレ イワウチワ
Ⅱ 「山と美味しい時間をゆっくり楽しむツアー」:宿泊型(1泊2日)
・2018年4月から2019年3月(7ツアー、実施日34日間)
・全コース2日目の弁当付き(一部のツアーを除き)
・旅行代金:27,000円~30,000円、定員:15名
地酒「澤乃井」 ムササビ
3. コンセプト
〇 御岳山では四季を通じて様々な花と出会えます。
夏には多くの人を魅了するレンゲショウマがしっとりと咲き、ムササビやニホンカモシカが生息する深い森に包まれ、足下にはムササビやリスの食べ痕も・・・
山頂には武蔵御嶽神社が鎮座し、古来から継承されてきた御師の営み。豊かな自然と歴史・文化、そして「人の温もり」。様々な魅力が御岳山には存在します。
「なぜカタクリの花の中には花の模様があるの?」、「マタタビの葉が白くなる理由は?」など、御岳山に精通したガイドと自然からのメッセージ感じながら歩きます。
〇 宿泊型ツアーでは、名月や星空、ムササビとの出会いと宿坊で御師料理に舌つづみを
  打ち、地酒も楽しめます。
御岳山の自然や歴史・文化、地域の食などを楽しむ、時間消費型の登山ツアーです。
4. アピールのポイント
・ガツガツ登山ではなく、自然や歴史・文化などを楽しみながらのゆっくり山歩きです。
・御岳山の隠れた面白さも発見できます。
・どこまでも落ち着く宿坊の魅力も感じることができます。
5. 問い合わせ先
株式会社アルプスエンタープライズ
(旅行業番号:東京都知事登録旅行業第2種4578号)
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3丁目10番地 神田小川町太田屋ビル3F
TEL:03-3518-0034
FAX:03-3518-0035
http://www.alps-enterprise.co.jp
e-mail: info@alps-enterprise.co.jp
営業時間:月~金/10:00~18:00 土/10:00~14:00
定休日:日曜、祝日