第76回  青梅市納涼花火大会

第76回青梅市納涼花火大会

開催日時・発数

日時:令和6年8月3日(土)
   ※荒天の場合翌4日(日)
   19:15 ~20:45(打ち上げ時間 19:30~20:45)
   3,621発(尺五寸玉3発・尺玉17発)


開催場所

TCNスポーツパーク永山(永山公園グラウンド)(東京都青梅市本町217)
  • TCNスポーツパーク永山および青梅市立第一小学校へはチケットがないと入場できません。
  • チケットは、すべて前売りとなっています。(当日販売はありません)
  • TCNスポーツパーク永山と青梅市立第一小学校は、午後5時に開場します。
  • 青梅市立第四小学校の臨時駐車場は、午後4時に開場、午後10時に閉門します。
  • 無料観覧場所はありません。
  • 鉄道公園は、リニューアル工事中のため開放いたしません。





 


チケット販売

インターネット販売と窓口販売では、購入できる区画が異なります。必ず事前に座席表でご確認ください。
■インターネット販売
  • 購入には、スマートフォンと決済用クレジットカードが必要です。
  • 販売期間中は、24時間いつでも購入できます。
  • チケットは、スマートフォン上に表示されるWebチケットになります。当日必ず購入時に使用したスマートフォンをお持ちください。
  • 青梅市民先行販売チケットは、Webチケットの色が青色になります。花火大会当日、入口でWebチケットと共に青梅市民であることの証明書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証など)をご提示ください。提示がない場合は入場できません。なおその際、返金は致しません。

 

■窓口販売
  • 販売場所は青梅市観光協会(青梅市東青梅1-2-5 東青梅センタービル3階)となります。(販売時間は「チケット販売スケジュール」参照)専用駐車場はありません。
  • 第一小学校のチケットのみ、青梅観光案内所(JR青梅線青梅駅前)でも販売します。(月曜日を除く9:30~17:00)
  •  

  • チケットの種類は▶こちら
  • 座席表は▶こちら

 

チケット販売スケジュール

インターネット販売と窓口販売では、購入できる区画が異なります。必ず事前に座席表でご確認ください。

 

 販売サイトは▶こちらから

青梅市民用

 

《インターネット》
 ・7月8日(月)10:00から
《窓口販売》
 ・7月8日(月)から
  青梅市観光協会:平日9:00~17:00
 ・7月9日(火)から
  青梅観光案内所(JR青梅線青梅駅前):月曜日を除く 9:30~17:00
  ※青梅観光案内所は、第一小学校のチケットのみの販売となります。

 

 

チケットについて

■チケットの種類

【TCNスポーツパーク永山(永山公園グラウンド)】

マスA区画
価 格 10,000円
枚 数 558区画
販売方法 インターネットのみ
代金決済方法 クレジットカード
マスB1・B2区画
価 格 8,000円
枚 数 397区画
販売方法 インターネットのみ
代金決済方法 クレジットカード
車いす優先区画(マスB1区画内)
価 格 8,000円
枚 数 10区画
販売方法 窓口販売のみ
代金決済方法 現金
マスC区画
価 格 6,500円
枚 数 421区画
販売方法 窓口販売のみ
代金決済方法 現金
イス区画(車いす席含む)
価 格 1,800円
枚 数 1,215席
販売方法 インターネット および 窓口販売
代金決済方法 インターネット:クレジットカード

窓口販売:現金

【第一小学校】

 
価 格 500円

※未就学児はチケット不要

枚 数 1,300枚
販売方法 インターネット および 窓口販売
代金決済方法 インターネット:クレジットカード

窓口販売:現金

  • 車いす席は介助者1名が無料となります。2人目からは別途チケット(1,800円)をご購入いただきます。車いす席は、青梅市観光協会での窓口販売のみとなります。
  • 第一小学校では、座席や区画の用意はありません。(チケットは第一小学校校庭への入場券です)

 

チケット購入時の注意点

  • インターネットでの購入は必ずスマートフォンで購入してください。スマートフォンに表示された画面がWebチケット(入場チケット)になります。
  • チケット購入後の転売・払い戻しはできません。
  • インターネットで購入したWebチケットの譲渡はできません。
  • 窓口販売での購入は、現金のみとなります。
  • 8月3日および予備日(8月4日)の2日間ともに開催できなかった場合のみ、チケットの払い戻しをします。

 

座席について

会場では2種類の席をご用意しています。

マス席
1区画2畳分(1.8m✕1.8m)大きさで大人4人程度座ることができます。ゴザなどのシートはご持参いただくか会場の販売所にてご購入ください。(500円)

イス席
全席指定です。足腰に不安のある方におすすめです。

 

禁止事項等

会場(TCNスポーツパーク永山(永山公園グラウンド)、第一小学校)では、以下の事項を厳守していただきますようお願いします。
利用者のマナーが悪いと、次年度以降、利用禁止となる場合があります。ルールを守って花火を楽しんでください。
 
【TCNスポーツパーク永山・第一小学校共通】
■ペット
ペット同伴での入場はできません。
 
■ドローン
花火大会会場上空付近における小型無人機ドローン等の飛行は、花火大会の運営に重大な支障を及ぼすほか、万が一落下した場合事故などが起こる恐れがあり大変危険ですのでおやめください。
 
■ゴミ
ゴミも含め、お持込になった物はすべてお持ち帰りください。
 
■写真撮影
周囲の方の迷惑になるような三脚・一脚・自撮り棒での撮影や、過度の連写、フラッシュ撮影などはご遠慮ください。
 
■大声等
他の人の迷惑になるような大声や挙動はおやめください。その他マナーを守り、節度ある態度で花火大会をお楽しみください。
 
【TCNスポーツパーク永山(永山公園グラウンド)】
■喫煙
電子タバコを含め、指定喫煙場所以外での喫煙はおやめください。特に歩きタバコは火傷や被服損傷などの事故に繋がるため絶対におやめください。
 
■イス・テーブル
後ろの方の迷惑になりますので、イスやテーブルの持ち込み、使用はできません。
 
【第一小学校】
■飲酒
学校敷地内では、飲酒はできません。
 
■飲食
学校敷地内では、箸や楊枝、串などを使わない軽食であれば問題ありません。
※落とした箸、串などで生徒さんが怪我をする危険性や芝生が傷むことを防ぐため。なお、飲み物(お酒を除く)はお飲みいただけます。
 
■喫煙
学校敷地内は一切喫煙できません。携帯灰皿も使用できません。喫煙場所もありません。
 
■シート・イス
・シートはご利用いただけますが、入場者がお座りになる人数分以上の広さの確保はご遠慮願います。なお、席取り等のため、石を置いたり、ペグを打ったりすることは厳禁です。
・芝生内にイスやテーブル、クーラーボックスを置くことはできません(芝生を傷めるため)。
・芝生以外の土の部分は、コンパクトな折り畳みイス・クーラーボックスを置くことができます。
 

【よくある質問】

Q 当日券はありますか?
A チケットは全て前売りとなっております。
 
Q チケットをなくしてしまったが、入場させてほしい。
A チケットの再発行や入場はできません。なくさないように気をつけてください。
 
Q マス席のチケットを持っているが、メンバーの中で何人か遅れて入場する人がいる。どうしたら良いですか?
A お待ち合わせのうえ、全員そろって入場してください。
 
Q イス席の場合、子どもは何歳からチケットが必要ですか?
A 未就学児が保護者のひざ上で観覧する場合は、チケット不要です。未就学児でもイスを利用する場合や小学生以上のお子様にはチケットが必要になります。
 
Q マス席にベビーカーは持ち込めますか?
A 後ろの席の方の迷惑になりますので、花火観覧中は折りたたんでマス区画内に置いてください。
 
Q マス席でクーラーボックスをテーブルに使用しても構いませんか?
A 構いませんが、周囲の方の迷惑にならないようご配慮をお願いします。
 
Q マス席の広さはどのくらいですか?
A 180cm×180cm(2畳分)です。大人ですと4人程度が座れる広さです。
 
Q 無料の観覧場所はありますか?
A 会場は全席が指定有料席です。無料の観覧場所はありません。
 
Q 大会当日に荒天の場合はどうなりますか?
A 荒天中止の場合は翌日へ順延となります。翌日も荒天中止の場合のみチケットの払戻しを行います。
 
Q 大会の順延や中止はどのようにすれば分かりますか?
A 青梅市観光協会ホームページやフェイスブック、防災行政無線等で周知します。
 
Q 会場にはトイレはありますか?
A 「TCNスポーツパーク永山」では、会場中央付近の常設トイレのほか仮設トイレを設置しています。女性用常設トイレは混み合うことが多いので仮設トイレの使用をおすすめします。「第一小学校」では、仮設トイレを設置しています。
 
Q 障害者用トイレはありますか?
A 「TCNスポーツパーク永山」には、会場中央付近の常設トイレにあります。
 
Q 具合が悪くなった時はどうしたらいいですか?
A 「TCNスポーツパーク永山」の本部テント横に救護室があります。第一小学校で観覧の方は、スタッフにお申し出ください。
 
Q 迷子はどうしたらいいですか?
A 「TCNスポーツパーク永山」の本部までお知らせください。第一小学校で観覧の方は、スタッフまでお知らせください。
 
Q 大会終了後はどのくらい混みますか?
A 大会終了後は大勢の方が一斉に帰路につくため、会場から青梅駅の間は大変混みあいます。慌てずにお帰りくださるようお願いします。
 

花火まめ知識


青梅市納涼花火大会では、色とりどりの花火が夜空を彩ります。
その中でも代表的な花火を紹介します。花火の種類や名前について知っていると、より花火をお楽しみいただけると思います。 ―(ホソヤエンタープライズHPより引用)


燃焼する多数の星が光跡を残しながら丸い菊型の花を描く。その光跡を「引」という。

冠菊
「しだれ柳」ともいい、菊花型にならないで方の部分から光が丸く下に垂れる花火。普通引き星の寿命を長くして最後を光らせる(光露)が、このためにかなり大きな星を使い、しかも割薬を弱くして破壊力を小さくしてある。

牡丹
構造的には菊と変わりがないが、燃焼する多数の星が光跡を残さず丸い牡丹型の花を描く。

蜂/銀蜂/群蜂
火薬を詰めた多数のパイプ星が回転しながらブーという高音でうなりながらランダムに飛び回る。

椰子
チタン合金を使って、大きな抜き星を作り、それを八方に飛ばすと、椰子の木のように見える。「金椰子」「銀椰子」、高音を出してバリバリと開く「バリ椰子」などがある。

スターマイン
スターマインはいくつもの花火を組み合わせて連続的に短時間で大量の玉を打ち上げ、ひとつのテーマを描き出すもの。

 

花火の事をもっと詳しく知りたい方は(株)ホソヤエンタープライズ

 

 

75年前から続く歴史

青梅市納涼花火大会は、昭和24年に都営バスが荻窪(杉並区)から青梅まで開通したことを記念して、青梅商工振興会が中心となり始まりました。当時はまだ大規模な花火大会は珍しく、多摩地区では初めての花火大会となりました。初期の頃は昼間の部と夜間の部があり、約700発の花火が打上げられていました。

 

昼間の花火では商店街のサービス券などを付けた落下傘なども打上げられ、それを探して子どもたちは山中を駆けまわっていました。

 

 

第8回から観光協会が事務局となり現在まで開催されています。

第70回では、打上げられる花火も4,000発を上回り、パワーアップ!青梅の澄んだ空気の中、頭上で開く大迫力の尺五寸玉をはじめ、音楽と花火のコラボレーションなど新しい企画も増えています。

永山丘陵の木々のシルエットが美しく浮かび上がる永山大照明など、青梅ならではの花火大会となっております。

 

 

皆さまの力で、あがる花火

この花火大会は各地区実行委員の協力の下、地元企業や商店等のほか、市内外の皆さまの協賛により開催されています。

 

戻る

青梅宿エリアのおすすめスポット

一覧をみる